1. 相手の出した見積もりに対して値下げの交渉をメールで行うときのポイント

相手の出した見積もりに対して値下げの交渉をメールで行うときのポイント

 営業された時には、その営業相手にメールで値下げの交渉をすることもあると思います。その時に上手に相手に伝えるポイントをご紹介します。

理由を明確に

 なぜ値引きを相手に要求するのか、その理由を簡潔に相手に伝えるようにしましょう。理由が明確でないと相手もしつこく粘ってくるかもしれません。感情的なものや主観的な理由よりも、客観的なデータや事実をはっきりと述べることで相手も納得をせざるをえなくなります。

希望金額も提示する

 単に「その値段がダメだ」といわれても相手はどうすればいいのか分からなくなります。自分としての希望金額を同時に提示するようにしましょう。また、この時に提示する金額に関しても理由を述べた方が相手を納得させやすくなります。

「値引き」という言葉は使わない

 「値引き」や「値下げ」というのはネガティブな印象を与える言葉です。メールの文面で使うことは避けましょう。その代わりに「再検討をお願いいたします」のような言葉に置き換えるようにしましょう。メールでの印象を一気に変えることができます。

 値引き交渉はビジネスの上では起こって当然のことです。そのときも毅然とした態度で臨むことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する