1. 営業マンが名刺交換のときに自分を印象づけるためのちょっとした工夫

営業マンが名刺交換のときに自分を印象づけるためのちょっとした工夫

 営業マンにとって名刺交換は日常茶飯事だと言っても過言ではありません。今回は名刺交換の際に少し意識したい工夫をご紹介します。

名刺を取り出したら時計回り

 自分の名刺を名刺入れから取り出した後、どのようにしているでしょうか。あまり意識したことはないかもしれません。そのやり方にも相手からきれいに見える工夫を取り入れることができます。

 名刺を取り出すと、まずはそれが自分の名刺なのか確認すると思います。それを相手の方向に向けると思いますが、その時に時計回りに回すようにしましょう。これは名刺だけでなく相手に何か贈り物をする時も同様です。

名刺は両手で渡す

 名刺は自分の分身であり、相手の分身でもあります。その扱い方で自分のビジネスマナーが問われます。名刺を渡すとき、そして受け取る時も両手でということを徹底しましょう。

名刺を渡す時は相手の目を見る

 相手の目を見ながら名刺を渡すことでより相手に自分を印象づけることができます。多くの場合渡している名刺を見てしまいがちですが、顔だけは上にあげるように心がけましょう。

 基本的なことだと感じている人もいるかもしれませんが、意外とできていないのが名刺交換におけるちょっとした気遣い、工夫です。相手と良い関係を築くためにもぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する