1. これで名刺を無駄に無駄にしない!営業先でもらった名刺を上手に管理する方法

これで名刺を無駄に無駄にしない!営業先でもらった名刺を上手に管理する方法

 営業マンとして多くの人を訪問していると、頂く名刺の数もかなりのものになると思います。せっかく頂いた名刺はきちんと管理しないと無駄なものになってしまいます。今回は、頂いた名刺を無駄にしないための名刺の管理方法をご紹介します。

名刺をもらった時に名前と顔をきちんと一致させる

 営業マンの中には、名刺をもらったもののその場できちんと名前を覚えないという人がいます。これは相手にもとても失礼な行為です。また、名刺をもらった時に名前を覚えなければ、あとで名刺を確認しても誰なのか分からなくなってしまいます。これは非常にもったいないことだと言えます。

 そのため、名刺をもらったらその場で覚えることを徹底しましょう。覚える方法としては、名刺を交換した後の会話で相手の名前を何度も使うということです。その人の顔を見ながら名前を呼びかけることで、脳に名前と顔がインプットされます。名刺を無駄にしない第一歩は、その名刺をもらった時から始まっているのです。

名刺を戻す場所を決める

 名刺をもらった後にそのまま放置してしまっている人はいないでしょうか。それでは必要だと思った時にすぐに探し出すことができません。きちんと名刺を片付ける場所を決めておきましょう。また戻す時には、時系列にするのか、名前の五十音順にするのかきちんと自分のルールを作ると効率よく管理することができます。場所があってもその中でゴチャゴチャになっていては意味がありません。

 相手に対する態度は名刺の扱い方にも表れます。名刺を大切に扱えない人は、その人自身も大切に扱うことはできないでしょう。きちんとした名刺の管理は名刺をくれた人に対する誠意の表れでもあるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する