1. 【仕事の効率を10倍アップ】チームリーダーが仕事効率化を図るためにすべきこと

【仕事の効率を10倍アップ】チームリーダーが仕事効率化を図るためにすべきこと


 プロジェクトなどチーム単位で仕事をする、という機会はたくさんありますよね。しかし、チームで仕事を進めていく際、リーダーはどのように、仕事を効率化させる方向へメンバーをまとめていけばよいでしょうか?そのプロジェクトを短期間で無駄なく成功させるためには、リーダーがいかにチームの仕事効率化を図れるか、という部分にかかってきます。ここでは、チームリーダーが仕事効率化を図るためにすべきことをご紹介していきたいと思います。

キックオフミーティングを開き、方向性を明確にする

 キックオフミーティングとは、プロジェクトの開始を宣言するための集まりのことです。サッカーのキックオフと同じですね。このキックオフミーティングは、チームを発足する際、そのプロジェクトマネージャーが開く“チーム皆が同じ方向を向くためのミーティング”として大変重要となります。このミーティングでリーダーは、チームの顔合わせを行うと共に、チーム内でのそれぞれの役割を明確にします。

 そして一番大切な、そのプロジェクトのゴールを明確にし、“チーム皆が同じゴールを向き、方向性をそろえる”ということを行います。この、皆が同じ方向を向く、という設定が初めにできなければ、その後そのプロジェクトがスムーズに進むことはまずありません。

キックオフミーティングのポイント

 リーダーが心得ておくべきキックオフミーティングのポイントは以下の通りです。

ゴールを明確に伝える

 皆の意識を同じ方向に統一することで仕事の効率化が図れる

今現在でのリスクがあればきちんと伝える

 今現在、ここまではわかっているがその先はまだ不明確である、というようなリスクは必ず共有し、チームメンバーの不安を取り除く

各自の役割を明確に指示する

 「自分はこの部分に関して任せられているんだ」というやる気を起こさせる。

おわりに

 プロジェクト発足時のキックオフミーティングこそ、時間をかけしっかりと行うべきなのです。「時間がない」とその部分を省いてしまったり、短時間で終わらせようとしてしまうと、後にチームの仕事効率が悪くなり、そのとき省いた時間の何倍もの痛手を負うことになります。プロジェクトマネージャー(リーダー)は、キックオフミーティングを開き、チームの方向性を統一し、チーム員の不安を取り除きやる気を起こさせる、ということを何よりもすべきなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する