1. プレゼンのアウトラインの作り方は?始まりと終わりを作ることからやってみよう

プレゼンのアウトラインの作り方は?始まりと終わりを作ることからやってみよう


 統一感のあるきれいなプレゼンを作るコツはまず全体像を把握することです。そのためにはアウトラインの作成が欠かせません。しかし、いきなりアウトラインを作るといってもどうすればいいか分からない人もいるでしょう。ここではアウトラインを作る手順を解説します。

結論と問題点を作る

 初めと終わりを明確にするとその後の作業がスムーズに進みます。まずはプレゼンを通してあなたが言いたい結論と、そのもとになっている問題点を決めましょう。この作業は紙に書きだしてもいいし、PowerPointのアウトライン機能を使ってもかまいません。

結論を導くのに必要なデータを考える

 結論と問題点が書けたら、その両者をつなぐために何が必要か考えましょう。問題点にどのようなデータを付け加えたらあなたの結論がその解決策になるのかを考えるのです。この段階ではデータは具体的でなくてもかまいません。大体どんなものがあれば上手く論理がつながるのかを考えましょう。


 アウトラインが具体的であればあるほどその後の資料作成はやりやすくなります。かといってアウトライン作成を丁寧にやりすぎる必要はありません。最初から最後まで大体の流れを把握するのがアウトラインを作る目的です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する