1. 上司と話すことに対して感じる苦手意識を克服する方法

上司と話すことに対して感じる苦手意識を克服する方法


 仕事をしていると、上司に仕事の進捗状況を報告したり、飲み会に連れて行ってもらえたり、何かと話をする機会は多くあるでしょう。しかし、上司と話すことに対して苦手意識を持っている人は少なからずいるでしょう。ここでは、上司と話すことに対する苦手意識を克服する方法を紹介していきたいと思います。

質問を投げかける

 上司との会話が苦手という人は、質問を投げかけてみると良いでしょう。「最近、仕事が思ったように進まないのですが、どうすれば良いと思いますか?」といったような質問をすれば、上司からアドバイスを聞けるとともに自分から何を話せば良いか考える必要もなくなります。

 この方法を使って、上司と会話する数を増やしていけば自然と苦手意識も消えていくのではないでしょうか。

自己開示をする

 会話をする上で、話をする側が距離感をとっていると相手も距離をとってしまい、会話がいまいち盛り上がらずに終わってしまいます、そうすると、更に苦手意識が強くなってしまうことでしょう。

 会話に対する苦手意識をなくしていくためには、自己開示をすることです。何か上司に対して会話を投げかける時でも、自分の話を挟み込めば距離感も縮まっていきます。例えば、「最近の○○のニュース見ましたか?私は〜〜だと思うんですよね」というだけで、相手も話がしやすくなりるのです。


 以上、上司と話すことに対する苦手意識を克服する方法を紹介してきました。上司と良い関係を築いていくためにも、会話をする際はここで紹介したポイントを意識してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する