1. プレゼン資料の文字を上手に色付けするには?文字の強調に使う色の選び方

プレゼン資料の文字を上手に色付けするには?文字の強調に使う色の選び方


 スライド作成で文字を強調する方法はたくさんありますが、今回はその中でもオーソドックスな色を付ける方法について紹介します。使う色によってはあまり目を惹くことができないので、きちんと強調に適した色を使えるようにしましょう。

なるべく色の強い原色を使う

 観客に見てほしい部分なので、文字の強調にはなるべく濃い原色を使うとよいでしょう。これは文字の色を変える場合も下線を引く場合も同様です。逆に、スライド自体の色や大きな図形にはあまり濃い色は使わないようにしましょう。観客の目を疲れさせてしまいます。

背景色、テーマカラーと反対の色を使う

 強調に使う色はスライドの他の部分とは違う系統の色を使いましょう。スライドの背景色やテーマカラーと似た色を使っても他の部分との差異が表現できません。背景が白の場合は暗めの色を、黒の場合は明るい色を使うと良いでしょう。また、スライドのテーマカラーと正反対の色を使うのも有効です。色相環を見て、テーマカラーと反対側の色を使うかなりアクセントがつけられます。


 このように、文字の色づけにはスライド全体の配色がかなり関わっています。他の配色が決まった後に文字の配色をするのが最適です。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する