1. キレイな流れで相手を引き込む!プレゼン内容を考える上で大切にしたい2つの構成方法

キレイな流れで相手を引き込む!プレゼン内容を考える上で大切にしたい2つの構成方法

 プレゼンで最も大事なことは、構成です。構成がバラバラだと良い解決策を提案しても上手く伝わりません。それぞれのポイントを引き立てるためにもキレイな流れがある構成をしなければなりません。では、どのような構成をすれば良いのでしょうか。パターンを2つ紹介します。

時系列タイプ

 1. 背景
 2. 目的
 3. 実験方法
 4. 実験結果
 5. 考察
 6. まとめ 

 時間軸に沿って説明していく構成方法です。時系列で説明していくので、途中に発生した問題に対してどのように解決していくのかというストーリーがイメージしやすくなります。自分の考えをわかってもらいやすいでしょう。

結果先行タイプ

 1. 背景
 2. 目的
 3. まとめ
 4. 実験方法
 5. 実験結果
 6. 考察

 一番重要な結論を早い段階で説明する構成方法です。始めに伝えることでより大きいインパクトを与えることが出来ます。結局何が言いたいのか最初に理解していることでなぜ実験を行うのかなど理解しやすいでしょう。


 どちらが良いというものではありません。実際、場面によって使い方が分かれてくるでしょう。一気に2つとも出来る必要はないので、どちらか覚えて自分のパターンを作っておくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する