1. 営業マンが成績不振を理由に解雇されないために今から改善できる3つのポイント

営業マンが成績不振を理由に解雇されないために今から改善できる3つのポイント

 営業マンが急に解雇されると言う事はまずありません。これは営業マンに限らずどの職種でも言えるでしょう。成績不振になった場合は必ず原因があります。それに気付いているかということが大切になります。

営業マンが成績不振に陥る原因

 営業マンが不振に陥る原因としては以下の点が挙げられます。

1.さぼっている
2.ライバルが羨ましく見える
3.同じ営業方法なのにお客様の責任にする
4.プライベートで問題があった
5.天候、運のせいにする

 多くの場合この5点に当てはまるのではないでしょうか。そしてこの5点は上司も周囲も大体気付いています。これが長く続けば上司との話し合いになりまた気分が落ち込み、さらに成績も低下します。解雇通告もここでなされると考えられます。これを避けるためには上記5点に当てはならないようにするというのが結論です。その中ですぐに改善できるポイントを以下にあげます。

自分をアピールする

 どの業界も営業マンは苦戦し数字、ノルマとの戦いです。今回は解雇されないように成果を出す方法を伝授します。まず社内で目立つことです。居るのか、居ないのかという存在ではなく自己アピールをするようにしましょう。周囲に応援されることでもっと頑張ろうと思えるのです。その期待に少しずつ応えていくことが大切です。

責任を他に求めない

 お客様の責任にするのではなく、何事も責任は自分にあると考えるようにしましょう。「相手は分かっていない」という気持ちを持っている時点で相手に負けてしまっています。お客様だけでなく、天候や運のせいにするのもやめにしましょう。

プライベートで落ち込むのは5日まで

 プライベートの問題は5日で終わらせましょう。家族が亡くなった忌引きは大体5日です。それ以上の不幸せなことがありますか?そう考えれば一時の事だと思いましょう。他人も相談に乗ってはくれますが、結局解決方法を持っているのは自分だけなのです。

 解雇というは特別の特別であなたが継続して成績を上げる為には近道はないということです。周囲に文句を言ったりする時間があるなら1件でも多く訪問するようにしましょう。継続は力なり。成績アップも継続あるのみです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する