1. ビジネスでの上手な目線の使い方とは?目線のテクニックで会話をさらに有意義に

ビジネスでの上手な目線の使い方とは?目線のテクニックで会話をさらに有意義に


 会話で大きな役割を果たす目線。良くない印象を与えることもありますが、上手に使いこなせば相手の好感度を上げることもできます。今回は重要な相手との会話で使いたい目線のテクニックを紹介します。

目線を多く合わせば「付き合いを深めたい」と伝えられる

 主に日常会話で使えるテクニックです。会話中に頻繁に目が合うと、人はその人と気が合うと考えます。つまり、仲良くしたいと考えている相手に多く視線を送れば、仲良くなる確率も高まるということです。このテクニックを使った後には「よく目があいましたね」と話しかけてそこから会話に持ち込むのも可能です。複数人で話すことが多い相手に使ってみてはいかがでしょうか?

重要な話は相手の目を見て

 こちらは主に1対1で使いたいテクニックです。目線を合わせると、会話に緊張が生まれます。つまり、印象に残したい話をするときには相手の目を見て話せばいいのです。自然な視線を合わせる時間は1秒程度なので、それ以上の時間目線を合わせると有効です。商談の時にここぞというタイミングで使ってみてください。

 いかがでしょうか?どちらのテクニックももちろんやりすぎはNGです。不自然にならない程度に上手く活用してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する