1. 親しき仲にも礼儀あり!結婚式のスピーチを会社の同僚にお願いする際のマナー

親しき仲にも礼儀あり!結婚式のスピーチを会社の同僚にお願いする際のマナー


by 油甲桂
 一生に一度しかない「結婚式」のスピーチを誰にお願いするかは非常に重要な問題でしょう。ここでは「結婚式場選びNo.1口コミサイト~みんなのウェディング~」より、社内結婚した場合を想定し、結婚式のスピーチを会社の同僚にお願いする際のマナーを紹介していきたいと思います。

直接会い、依頼する理由を伝える

 会社の同僚にスピーチを依頼する際は、直接会って依頼する理由を伝えるようにしましょう。最近ではFacebookやLINEといったコミュニケーションツールが普及し、簡単に連絡がとれるようになっていますが結婚式のスピーチというのは、かなり負担のかかるものですので軽々しく依頼するのだけは避けるべきです。

 また、依頼する理由を伝える際は「あなただからこそスピーチを依頼したい」という思いを伝えると良いでしょう。そうすれば、ただ依頼されたのではないと分かるため相手も引き受けてくれると思います。

適宜フォローをしてあげる

 スピーチを依頼して、そのままにしておくのではなく相手がスピーチしやすいように適宜フォローしてあげるようにしましょう。例えば、年配が多い・職場の方が多いといったように結婚式に呼ぶゲストの構成を伝えたり、タブーの話題などが伝えておくとスピーチの原稿も作りやすくなります。

 相手にかかる負担をなるべく少なくしてあげるためにも、結婚式が開催されるまで適宜フォローをしてあげるようにしましょう。

結婚式の後にはお礼を

 結婚式が終わった後、スピーチを担当してくれた人に必ずお礼をするようにしましょう。依頼された側も感謝されて初めて「やって良かった」と思うことができるのです。後日、ご飯をご馳走するくらいのお礼をしてあげると相手も喜んでくれるかもしれません。

 以上、結婚式のスピーチを会社の同僚にお願いする際のマナーを紹介してきました。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、会社の同僚にスピーチを依頼する際も最低限のマナーは守るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する