1. 上手に目線を合わせるコツは?アイコンタクトの上手な使い方

上手に目線を合わせるコツは?アイコンタクトの上手な使い方


 「相手の目を見て話せ」というのは誰もが聞いたことのある教訓です。会話中の目線に気を使っている人は多いと思いますが、どの程度目線を合わせるのがベストなのかは知らない人も多いでしょう。今回は普段の会話から商談の場にも使える視線の合わせ方について紹介します。

目を合わせすぎるのもよくない

 よっぽど真剣な対話でもない限り、意外と対話中は色々なところを見ているものです。日常界の中で相手の顔を見ている時間は全体の61%だという調査もあるようです。もちろん状況次第ですが、適度に目線を外した方がお互いリラックスして会話ができるでしょう。とはいっても顔を伏せてしまうのはよくないです。常に相手の肩より上のあたりを見ることを意識しておくとよいでしょう。

アイコンタクトはここぞというときに

 では、相手と目線を合わるべきタイミングとはどんな時でしょうか?それは相手に伝えたい重要な話をする時です。恋愛テクニックとしても有名ですが、相手の目を見ながらした会話は緊張感があり、強く印象に残ります。ビジネスでも、ここぞというときには相手の目を見て話しをしてみてはいかがでしょうか。また、一度の会話で相手の目を見て話すのは1秒程度が自然なようです。


 いかがでしょうか?上手な視線の送り方は、コミュニケーションの促進につながります。これらのテクニックをぜ使いこなしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する