1. 新人が会社の飲み会で失敗してしまったときの対処法

新人が会社の飲み会で失敗してしまったときの対処法

 

 新入社員が会社の飲み会で失敗してしまったという例はごまんとあります。学生時代の気分が抜けず、先輩や上司に向かって馴れ馴れしい態度をとってしまったという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。もしも自分がそのようなことをしてしまった時には、どのように対処するのが正しいのか考えていきます。

自分が失敗に気づいた時点ですぐに謝罪

 自分のした失敗に対して、自分が気づいた時点ですぐに謝りましょう。お酒の席であればその場で、家までの帰路であれば電話で、日が変わってしまったら職場で朝一番に。すぐに謝ることができれば自分が失敗してしまったことを自覚しているという意思を相手に伝えることができます。もしも謝るタイミングを逃してしまうと、関係が悪化する可能性もあります。

謝罪のときに使えるフレーズ

 謝罪のフレーズには以下のような例が挙げられます。

・「先ほどは失礼なことをいってしまい、申し訳ありませんでした。」
・「先日はお酒の席で大変な失礼をいたしました。以後気をつけます。」

 このように、謝る気持ちと今後気をつけるという意思をしっかりと伝えましょう。

「飲んだら褒める」を常に意識する

 お酒の失敗を未然に防ぐという意味では、このように「お酒を飲んだら相手を褒める」という習慣を付けておくとよいでしょう。「いやー、○○さんにはほんとにお世話になっています。いつもありがとうございます。」という言葉であれば、たとえ酔っていたとしても言われて悪い気持ちにはならないはずです。


 新入社員は社会人の飲み会にも慣れていないため、失敗することも多いです。あらかじめこのような対処法を知っておけば、それなりにカバーすることができるはずですので、是非参考にしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する