1. ぜひマネしたい!優秀な女性営業職に共通する適性とは?

ぜひマネしたい!優秀な女性営業職に共通する適性とは?

 優秀な成績を挙げている女性営業職に共通する適性とは何でしょうか。営業という仕事に特有なものもありますが、そればかりではありません。極論を言うと、「他人から好かれる適性を持っている」ということではないでしょうか。営業の仕事は人と接する仕事で、パソコンに取って代わられることはまず考えにくいものだからです。簡単なようで難しいことですが、「人として当然のことが当たり前のようにできている」ことがまず最低限の条件だと思います。それを踏まえ、デキる女性営業職に共通する適性とは何かを見ていきましょう。

1.いつも笑顔を心掛けている

 「にこにこ笑っている人が一番得をする」と言われますが、性別・職業問わず、明るく前向きな人には、誰もが好感を持つものです。優秀な女性営業職は、相手に好感を持たれるようなメイクや髪型・服装を心掛けつつ、いつも笑顔を心掛けているものです。いつも笑顔でいるためには、心身共に健康でなければいけません。旅行やショッピングなどでうまくストレス発散しながら、明るく前向きな気分でいられるよう心がけましょう。

2.当たり前のことを確実に実践している

 男性女性問わず、優秀な営業職は、打ち合わせ時間に遅れない、約束を守る、きちんとフォローするといった当たり前のことを確実に実践しています。社会人として当たり前のことではありますが、実際にはできていない人が多いのです。営業職にとって、相手の信頼を得ることは一番大切なことです。そのためには、当たり前のことを確実に実践することが最も近道です。

3.さりげない心配りを欠かさない

 優秀な女性営業職は、さりげない心配りがあります。商品を買う決断をお客さまにしてもらうためにそっと背中を押すような言葉をかけたり、商品を買っていただいた後のフォローをこまめにしたり、時々巷で話題のおいしいお菓子を手土産として持参したり。営業は商品を買ってもらうまでのプロセスが大切です。このプロセスでお客様に不安感・不信感を抱かせてしまうと、商品の購入に至りません。さらに商品を買ってもらった後のフォローが、次の商品購入・リピート発注につながります。「商品を買っていただくこと」が営業の使命ですが、買っていただく前後のさりげない心配りがあって初めて成立するものなのです。

4.行動量が多く最後まであきらめない

 現横浜市長の林文子さんは、自動車販売会社の営業職として、個人宅に新規開拓営業をしていた時、「1日100軒訪問する」との指示を、何の疑いもなく、素直に実行したのだそうです。営業という仕事は、数多く種をまいて初めて、多くの収穫量が得られるもの。優秀な女性営業職は、一般的な営業職に比べて、行動量は多いです。多くを考えすぎず、素直に行動することも大切な要素ではないでしょうか。そして、営業数字を達成するためにあきらめない強い心を持ち、お客様に電話をしたり訪問したりと、営業数字〆切時間の直前まで行動し続けることも優秀な女性営業職の適性の一つです。

5.お客様から「ぜひ教えてほしい」と言われる存在である

 優秀な女性営業職は、お客様に何かを教えられるほどの専門家と言えます。お客様に有益な情報を提供できれば、お客様はあなたを信頼し、あなたの商品・サービスを買ってくれます。例えば求人広告の分野で優秀な女性営業職は、「採用に詳しい専門家」です。新卒採用・中途採用についてお客様にアドバイスできれば、必然的にお客様はあなたに求人広告を依頼します。自分の扱う商品・サービスに直接関係する分野の専門家になることも、優秀な営業職になるための近道と言えるでしょう。

 いかがでしょうか。以上にあげたことは今からでも意識すれば改善することができます。ぜひ実践して素敵な女性営業マンを目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する