1. 無理なく目線を上げる方法!失礼のない目線を置くにはどうすればいい?

無理なく目線を上げる方法!失礼のない目線を置くにはどうすればいい?


 対話中のしぐさで特に重要なのが、目線です。目線が上げられない人は見た目の印象が悪いだけでなく、うつむき気味になってしまうため声も通りにくくなってしまいます。では、どの程度の高さまで目線を上げればいいのでしょうか?また、中々目線が挙げられない人はどうすればいいのでしょうか?

理想は眉間

 対話で理想とされるのは相手の目を見て話すことです。そのため会話中は話している相手の眉間のあたりを見るのが最適です。もちろん、会話中ずっと相手の眉間を見ていても話しづらいので適度に視線は外すべきでしょう。しかし、その際も目線の高さは眉間のあたりが基本であることを忘れないようにしましょう。

苦手な人は口、鼻を見よう

 とはいってもなかなか相手の目を見て話すのは難しいという人もいるはずです。そんな人は、まずは相手の口や鼻を見るようにしましょう。口や鼻に目線を合わせればそこまでうつむいているように見えず、与える印象も悪くないです。鼻や口を基本の位置にして、重要なことを伝えるときに相手の目を見て話すところから練習してみてはいかがでしょうか。


 無理に相手の眉間を見なくてもそこまで失礼に思われることはないでしょう。しかし、相手のかも見れないくらいに目線を下げるのだけは絶対にやめましょう。自分に無理のない範囲で、しかし失礼のないように目線を送ってください。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する