1. 名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー

名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー

名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー 1番目の画像

 名刺に記載されている内容が印刷段階から間違っていたり、携帯番号の変更や部署異動や辞令などがあったりした場合、名刺の記載事項を修正する必要がある。

 新しい名刺に替えるのが一番の対処法だが、名刺を作成するには費用と時間がかかるもの。

 急ぎで名刺の記載内容を修正したくなった場合、どう対処すればいいのだろうか?

 名刺の記載事項を修正方法について、時間に余裕があるときと時間に余裕がないときの2パターンで説明していきたい。

【時間に余裕がある場合】名刺の修正方法

本記事のまとめ

  • 基本的には「名刺の訂正箇所にシールを貼る方法」がベスト!
  • 修正ラベルシールがない場合は、修正内容を印字した紙を名刺に貼る
  • 時間に余裕がなければ、名刺の間違った箇所にペンで打ち消し線を引く
名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー 2番目の画像
出典:amzn.to

基本的には「名刺の訂正箇所にシールを貼る方法」がベスト!

 名刺を修正する場合、修正後の内容を印字したシールを貼るのがベストな方法だ。

 当たり前だが、修正テープなどでの修正ではない。ECサイトで販売している修正シールを用いれば、修正費用も抑えられる。

 修正ラベルシールは自分で自由自在に内容を書くことができ、それを何枚も印刷することによって量産することが可能。

 それを訂正箇所に貼り付ければ修正が完了する。

 修正したいポイントにシールを貼るだけで、仕上がりも綺麗なこちらの修正方法。名刺を修正するときにはマナーとして覚えておくと良いだろう。

修正ラベルシールがない場合の対処法:修正内容を印字した紙を名刺に貼る

 それが難しい場合には、名刺とは別の紙に修正内容を印刷をしてそれを名刺に糊などで貼っていく対処法を用いよう。

 仕上がりはラベルシールほどきれいなものではないが、ビジネスマナー的にも問題ない対処法だ。

 上述したようにシールや印刷した紙を利用することによって、新しく名刺を刷らずとも記載内容を修正することができる。

名前や会社などの訂正は簡易修正ではなく、きちんと名刺を作り直して対処する

 名刺は手書きではないため、修正する際には印字したものを用いることが基本マナーであると覚えておこう。

 しかし便利となっているからといって、名前や会社名といった部分はラベルシールなどで修正するのはマナーとして考えものだ。

 致命的な部分で修正が必要な場合には、簡易的な修正ではなくきちんと作り直してほしい。

【時間に余裕がない場合】名刺の修正方法

名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー 3番目の画像

 すぐに名刺交換をしなければならないシーンで、名刺の表記ミスに気付く場合もあるだろう。

 こういったときにはラベルシールで修正をしたり、訂正内容を印刷をして紙で貼り付けたりするということはできない。

 ではどのようにして、名刺の誤った情報を修正すればいいのだろうか?

名刺の間違った箇所にペンで打ち消し線を引く

 先に紹介した修正方法が使えない場合、ペンで間違った箇所を線で消しつつ、正しいものを書いて間違いを修正しよう。

 消すときは真っ黒に消す必要はなく、線を引くだけでOKだ。

 この方法はあくまでも簡易的な応急処置であるため、後日しっかり修正したものを渡すという旨を名刺交換の際に先方に伝えておくと良い。

 そのために時間がないのに完璧に完成させたり、そこに時間を掛けたりする必要はないが、最低限渡しても恥ずかしくないようにする必要はある。

 ミスに気付いて慌ててしまう気持ちがあり、ササっと修正したい気持ちになるが、名刺は自分の顔のようなものだ。

 下手な字で修正されたものを渡されては相手も気分が悪くなってしまう。

 手書きで修正する場合には可能な限り丁寧に書いて、相手に渡しても問題ないものにする必要があるのだ。


 時間がある時にはラベルシールなどで修正するのがマナーであり、時間がないときには手書き修正の後に正式なものを後日渡す事がマナーであることを覚えておこう。

優良企業に転職して年収アップ!ハイクラス求人に出会える「ビズリーチ」

名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー 4番目の画像

 「年収アップを目指したい」「福利厚生が整った優良企業にキャリアアップしたい」という人は、ハイクラス求人を取り扱う転職エージェント「ビズリーチ」がおすすめだ。

 「ビズリーチ」では、一流ヘッドハンターや大手企業からのスカウトを直接受け取れ、また話題のベンチャー企業や上場企業の求人の閲覧をすることができる。

 福利厚生をはじめ、条件の良い求人が多いため、交渉しづらい年収や福利厚生の条件も自分の希望に見合う可能性が高いのだ。

 家庭を持ったり、年齢が上がったりするにつれて重要となる年収は、企業選びで大きく左右するため、慎重に選びたい。

 「年収アップでやりがいのある仕事を見つけたい」「福利厚生が整った環境で仕事をしたい」という人は一度チェックしてみるといいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する