1. 名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー

名刺の記載事項を修正しなければいけなくなった際に確認しておきたいマナー


 名刺に記載されている内容が印刷段階から間違っている場合や、携帯電話の機種の変更によって変わる事があります。こういう時に名刺を新しいものへする事もできますが、名刺は費用が掛かるものですので少しの違うで簡単に新しいものに変えられない人もいます。この名刺の記載事項を修正する時に気をつけるべきマナーがありますが、ここで時間に余裕がある時と時間に余裕がない時の二つのパターンで書いていきたいと思います。

時間に余裕がある時

 名刺を修正する時にはシールを紙に印字して貼る事がマナーです。これはシールは修正液のテープではなく、ラベルシールなどに自由に打ち込めて貼る事が出来るもので、安価で購入出来るので簡単にする事が出来ます。ラベルシールは自分で自由自在に内容を書く事が出来、それを何枚も印刷する事によって量産もする事が可能です。それを変更すべき所に貼り付ける事によって修正が完了します。

 このテープは貼るだけですので、仕上がりも綺麗になるので名刺を修正する時にはマナーとして覚えておくと良いでしょう。それが難しい場合には、名刺とは別の紙に修正部分を印刷をしてそれを名刺に糊などで貼っていくものです。仕上がりはラベルシールには勝てませんが、許容範囲としてマナーとしても全く問題のないものとなります。このようにシールや印刷した紙を利用することによって、新しく名刺を刷る事なく記載内容を修正する事ができるようになります。

 名刺は手書きではないので、同じように印刷で修正刷る事がマナーとして求められています。しかし便利となっているからといって、名前や会社名といった部分はラベルシールなどで修正するのはマナーとして考えものです。致命的な部分で修正が必要な場合には修正せずに作り直す事が求められます。

時間に余裕がない場合

 すぐに名刺交換をしなければならない時にミスに気付く事があります。この時にはラベルシールで修正をしたり、印刷をして紙で貼り付けるという事は出来ない状況です。こういった時にはペンで間違った箇所を線で消しつつ、正しいものを書いて間違いを修正します。消す時は真っ黒に消す必要なく線だけでいいのでその点には注意する必要があります。この方法は簡易であるので、後日にしっかりとした形で修正したものを渡すというように名刺交換の際に先方には伝えておくと良いでしょう。

 その為に時間がないのに完璧に完成させたり、そこに時間を掛ける必要はありませんが、最低限度渡しても恥ずかしくないようにする必要はあります。ミスに気付いて慌ててしまう気持ちがあり、ササっと修正したい気持ちになりますが、名刺は自分の顔のようなものですので下手な字で修正されたものを渡されては相手も気分が悪くなってしまいます。出来る限り手書きの時には丁寧に書いたり、相手に渡しても問題ないものを使う事が重要になります。


 このように時間がある時にはラベルシールなどで修正するのがマナーであり、時間がない時には手書き修正の後に正式なものを後日渡す事がマナーです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する