1. 実は結構気にされる!?目線が泳ぐ人はどうやって対策する?

実は結構気にされる!?目線が泳ぐ人はどうやって対策する?


 会話をしているときに相手からよく見えるのは目線です。目線が不安定だと相手に不快感を与えます。とはいっても緊張するとどうしても目線が泳いでしまう人もいるでしょう。そのような人はどうすればいいのでしょうか。

「この人に話している」と強く意識する

 視線の送り先は原則として対話相手の眉間です。なかなかこれが維持できない人は、会話中に「自分は今この人に向かって話しているんだ」「この人の話を集中して聞いているんだ」と言い聞かせてみましょう。複数人でいるときなどは周りに視線を送ってしまうこともあると思いますが、常に今の自分の話し相手をしっかりと意識しておけば、そんなことも少なくなるはずです。

実は自分のことなんてそこまで見ていない

 緊張で目線を合わせられない人は、相手と顔を合わせることで良くない印象をもたれてしまうのではと心配しているのではないでしょうか。そんな人は、相手は自分の細かいところまでは見ていないと意識しましょう。人は意外と相手の細かいところは気にしていません。大体の人は会話自体に集中して、相手の顔なんてそこまで意識していないのです。普通に顔を上げて目線を合わせていれば何も問題はありません。堂々と相手の眉間を見ていれば、何も心配に思う必要はないでしょう。

 いかがでしょうか?目線が泳いでしまう人は、まずはリラックスできる相手との会話で練習してみてはいかがでしょうか?目を見ること自体になれれば、どんな人と話すときでも目線が泳がなくなるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する