1. 営業マンが新規開拓した顧客を管理する時に押さえておきたいポイント

営業マンが新規開拓した顧客を管理する時に押さえておきたいポイント

 営業マンが新規開拓した顧客の管理を徹底したいのであれば、初めの挨拶からアフターケアまでを手を抜くことなくしっかり行えばよいのです。1人ひとりをケアすることは、大変だと思うかもしれませんが、心構え一つで全てが楽に有意義に管理することができるでしょう。時には喜びさえも感じることができるでしょう。

 営業マンが新規開拓した顧客を管理する時に押さえておきたいポイントは様々であるとは思いますが、最も大切なのは心からのサービスと気遣いです。それに伴い、お客様情報の把握(顔、名前など)、どんな質問にも対応できる接客力、アフターケアの徹底など、挙げればきりがないほどですが、そこから重要と思える3点を取り上げ、3項目に分けて説明していきたいと思います。営業マンにとって大変重要なことですので、ノウハウとして参考にしてみて下さい。

1. 心からのサービスでもてなす

 サービスはいったい誰のものなのかを考えると、答えが分かれるかもしれませんが、「誰かのため」か「自分のため」かだと思います。前者の場合、自然に湧いてくる相手への気持ちだと思いますが、相手のためを1番に考えているため、相手にも伝わることでしょう。相手に喜びをもたらした分、自分自身も喜びを得ることにつながります。後者の場合、自分のためという理由で、人からの評価が気になったり、目先のノルマばかりで口先だけのサービスを行ってしまうため、結局限界にぶつかるか見抜かれて様々なものを失うでしょう。良い営業マンは前者でなければなりません。

2. お客様情報を把握する

 顧客リストを作成する時に必要な情報ですが、有能な営業マンは頭の中で必ず顔と名前を一致させており、その他の情報もインプットしているはずです。例えば、お客様がご購入、ご利用になった商品やサービス、会話の内容、興味を持たれているものなど様々ですが、大事なのは、お客様が自分は特別だという感覚を味わっていただくこと。このことも喜びや満足度につながることだと考えます。良い顧客管理につながっていくでしょう。

3. アフターケアを徹底する

 目先の売上、課せられているノルマなどにより、押し売りのような形でお客様に購入してもらったりサービスを受けてもらったとします。その後、何らかの問題が起きたとしても、その営業マンはその場しのぎで行動を取ったために、問題に対して誠実な対応をせず、顧客をその1回だけで逃してしまうことでしょう。アフターケアがきちんとでき、信頼のある営業マンは、大変有能な営業マンです。アフターケアがきちんとできることは、信頼につながることなので、顧客の定着につながると考えます。

 当たり前のことかもしれませんが、だからこそ非常に重要なことです。自分がきちんとできているのかぜひ一度振り返ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する