1. 「プレゼンが苦手…」という人がプレゼンをする際に使いたい文章の例

「プレゼンが苦手…」という人がプレゼンをする際に使いたい文章の例

 プレゼンでは、普段使わないような言葉を使います。しかし、学校などで教えてくれるような言葉ではないので、予め自分で覚えておかなければなりません。プレゼンでは、丁寧さも非常に重要なので常識のない人だと思われないよう、今のうちに覚えて使えるようにしましょう。

始めの挨拶

 「お忙しいところお時間いただきありがとうございます。」
 「本日は、みなさんにお会いできて大変嬉しく思います。」
 「みなさんお集りいただきまして、ありがとうございます。」

 これらの言葉が一般的でしょう。自己紹介をする前に必ず感謝の意を述べましょう。

自己紹介

 「初めてお会いする方もいらっしゃると思いますが、私は○○と申します。」
 「ご存知かと思いますが、私は○○です。」
 「私は○○と申します。マーケティング部門を担当しております。」

 自己紹介をする際は、名前だけでなく所属も加えて伝えましょう。名前だけだと忘れられてしまいます。部門と名前を連想させるような伝え方をしましょう。

プレゼンの概要

 「3つのポイントに分けて説明いたします。」
 「私たちのプレゼンテーションのアウトラインは、○○と○○です。」

 概要は、内容とは関係ないことかもしれませんが、どれくらいの量の内容なのか始めに伝えておきましょう。こうすることで聞き手の集中力を持続させる効果があります。

終わりの挨拶

 「ご清聴ありがとうございました。」
 「ご清聴ありがとうございました。何か質問などありましたら気軽にご質問ください。」

 終わりにも始めと同様に聞いてもらったことに感謝する必要があります。質問を自分から促すことも重要です。


 これらの文章は全てそのまま実践に使えます。内容は、どう伝えようが自分たちの自由ですが、ある程度の礼儀は必要です。たくさん覚える必要はありませんが、どのケースでも使える例なので覚えておくと便利でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する