1. ビジネスで主張を伝えられるストーリーのあるプレゼンとは?

ビジネスで主張を伝えられるストーリーのあるプレゼンとは?


 ビジネスの場でプレゼンをする際の目標はきっと、自分の主張を相手に受け入れさせることでしょう。そのために有効なのはプレゼンにストーリー性を持たせることです。ストーリーがあるプレゼンは主張が明確になり、説得力が増すからです。ではそんなプレゼンを作るにはどうすればいいでしょうか。

最終的なメッセージを決定する

 プレゼンを通して自分が言いたいこと、伝えたいことをハッキリさせましょう。商品の販売だったらその商品の優れている点、企画提案だったら企画の核となる部分です。あなたのプランの中で最も魅力的な点、ぜひ覚えてもらい多メッセージをまずゴール地点として設定しましょう。

前提を洗い出し、ゴールとつなげる

 メッセージが決まったら、プレゼンの前提条件を考えてみましょう。例えば商品案内だったら、何に困っている人に向けた商品なのか、企画提案なら解決すべき現状の問題点は何なのかなどです。プレゼンをする相手や環境を考えれば、求められる前提条件は分かってくるはずです。

 問題条件が明らかになったら、どうすればそれが先ほど考えたメッセージにつながるか考えてみましょう。あなたの商品は困っているお客様をどのように助けるのか、あなたのプランで会社が抱える問題はどのように解決され、どんな将来を導くのか。あなたのメッセージが現状を変える答えになっていれば、そのプレゼンには「問題→解決」のストーリーが出来上がっているのです。


 問題の前提や背景を考えればストーリーが作れ、それはあなたのメッセージをより強固にします。あとはその間を上手く説明する論理構成さえできれば、きっとあなたのメッセージは魅力的に聞こえるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する