1. 英語のプレゼンでスライドをキレイに見せる文章の書き方

英語のプレゼンでスライドをキレイに見せる文章の書き方

 日本語でのプレゼンであれば、自分がやり慣れているか見慣れているためある程度想像がつきますが、英語のプレゼンとなると相手の気持ちになって作ることが非常に難しくなります。英語のプレゼンでは、文章を作成する上でどのような所に注意すべきなのでしょうか。

箇条書きにし、品詞をそろえる

 箇条書きにする必要があるのは、日本でも同じです。文章をズラズラ書いてしまうと見た時に何が書いてあるのか全く分かりません。それに、読む気も起きないでしょう。黒丸「bullet point」などを使って整理しましょう。さらに、それぞれの項目の品詞をそろえましょう。名詞で書き始める場合は、全て名詞で始め、動詞の時制もそろえて書きましょう。

絵やイラストだけを載せない

 プレゼンを行う際、必ずイラストやグラフなどを口で説明が難しいポイントに使うと思いますが、欧米人はロジックが明確であることが重要です。日本人同士であれば、絵やイラストを見ればお互い理解することが出来ますが、欧米人は、なぜその結論に至るのか説明のないドキュメントでは理解できません。なので、絵やイラストを載せる際は、その上に2,3行で一言説明を入れましょう。


 欧米人にプレゼンを行う際は、意識の違いに関しても注意する必要があります。しかし、自然と分かることではないので、今のうちに頭に入れておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する