1. 初対面の上司へ挨拶をする時に気をつけておきたいこと

初対面の上司へ挨拶をする時に気をつけておきたいこと



 就職、転職、異動など、仕事をしていく上で新しい職場に変わることは少なくありません。職場が変われば、当然人間関係も変化します。新しい上司、新しい部下、新しい同僚など、たくさんの人に挨拶をしなくてはいけません。そこで、ここでは、初対面の上司に対してどのような挨拶をすべきかを考えていきます。

まずは笑顔ではっきりと挨拶する

 挨拶の内容はもちろん大切ですが、それより大切なのは挨拶をする態度です。お互いに初対面なので、そのとき相手に与える印象は非常に大切なものです。ここで意識しておきたいことは、笑顔ではっきりと挨拶をすることです。これができれば、初対面の相手に悪く思われることはまずありません。笑顔は相手との距離を縮めてくれますし、はっきりとした挨拶によって「この人はきっと仕事ができる人だ」と印象を抱かせることができます。

時間に余裕があれば雑談を楽しむ

 挨拶をした後、お話する時間があるのであれば「雑談」をしましょう。これから一緒に仕事をしていく人間同士、大切なのは信頼関係です。雑談にはお互いの距離を近づける効果があります。互いを良く知り、信頼関係を築くことで今後よい仕事ができるでしょう。
 雑談の内容は簡単でいいのです。「出身はどちらですか?好きな食べ物は何ですか?」など、誰でもすぐに答えられるような話題を持ちかけるとよいでしょう。

本当に大切なのはその後の仕事

 もちろん挨拶だけよくても、その後の仕事ができなければ本末転倒です。新しい上司のもと、心機一転して仕事に真摯に励みましょう。初対面の挨拶のときに上司からもたれた好印象を、仕事をしていく上でも継続させるのが本当の目的なのです。

 以上、初対面の上司にどのように挨拶すべきかという内容をお伝えしました。ほぼ基本的なことですが、基本だからこそ大切です。雑談に関しては上司に限らず、ほぼすべての初対面の人との距離を縮める武器となるので、積極的に雑談する癖を付けておくとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する