1. ストーリーのあるプレゼンの作り方!「なぜ?」を繰り返せばストーリーは作れる!

ストーリーのあるプレゼンの作り方!「なぜ?」を繰り返せばストーリーは作れる!



 ストーリーのないプレゼンは何を言っているのかわからず聴き手を退屈にさせます。プレゼンにストーリーを持たせるためにはどのようにすればよいのでしょうか?ここではプレゼンのストーリーの作り方を解説します。

問題→解決のプロセスを示す

 問題を提示して、それが解決されるまでの流れを示してあげるとストーリーのあるプレゼンが作れます。そのためには「1、問題定義」「2、それに対するプランの提案」「3、どのように解決されるか」を明確に示すことが大切です。まずはこれらの点をよく考え、どのスライドでどの部分を紹介しているのかがハッキリわかるようにしましょう。

「なぜ?」の連続でストーリーを作る

 ではこのような問題解決のプロセスはどのように考えるのでしょうか?様々なやり方がありますが、質問を何度も重ねるのが最もシンプルなやり方です。まずは問題点を一つ設定して、「なぜそれが問題なのか?」を問いかけます。それで問題のポイントが分かったら「どうやったら問題が解決できるのか?」を考えます。そして「なぜその解決策が有効なのか?」が説明できれば問題に対する回答が示されたと言えます。この質問の連続をそのままプレゼンにすれば、ストーリーのあるプレゼンが出来上がるのです。


 いかがでしょうか?提案するプランには実現可能性を重視しましょう。「いつ、だれが、どうやって」が明らかなら聴き手はそのストーリーをより受け入れてくれやすくなるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する