1. プレゼンで相手を惹き付けるスライドの文章の書き方

プレゼンで相手を惹き付けるスライドの文章の書き方

 プレゼンではもちろん話の内容が重要ですが、その内容をきちんと伝える技術も必要です。相手がきちんと理解出来なければ、いくら内容が良くても意味がありません。そこで、相手にしっかり理解させるために覚えておくべき文章の書き方を紹介します。

主張⇒根拠⇒再主張

 分かりやすい文章には、型があります。まず始めに自分の主張や結論を書き、次にその根拠や理由を説明、そして最後に再び主張します。始めに根拠を書く人がいますが、それは伝わりやすい文章ではありません。まず自分の主張を示しておくことでイメージが湧きやすくなります。そして、最後にもう一度主張することで説得力が増します。

言葉を聞き手に合わせる

 これは、プレゼンだけでなく普段から気をつけるべきことです。専門用語や固有名詞など相手が知らない単語もあるのは当然です。業界が違えば尚更多く出てくるはずです。そこで相手の理解レベルに合わせて説明する必要があります。別の単語で表現出来なければその単語の説明を必ずいれましょう。


 プレゼンの目的をよく考えましょう。ただ内容を伝えるのではなく、理解してもらわなければ意味がありません。主観的に文章を書くだけでなく、客観的に見て相手の立場になってプレゼンを作成する必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する