1. 「上司に仕事の報告をするのが怖い…」と感じている人へおくる2つの対処法

「上司に仕事の報告をするのが怖い…」と感じている人へおくる2つの対処法


 上司との信頼関係を築いていくためには「報告」が欠かせません。どんなに小さいことでも適宜、上司に報告を行っている部下というのは自然と信頼されていくものです。しかし、「もしかしたら怒られるかもしれない…」という気持ちから、上司に報告をするのが怖いと感じている人もいるかもしれません。

 ここでは、上司に仕事の報告をするのが怖いと感じている人への対処法を紹介していきたいと思います。

良い自分を見せようと思わない

 上司に報告をするのが怖いと感じてしまう人は、報告をする際に「いい格好しよう」「少しでも良い自分を見てもらおう」という思いが働いてしまい、なるべく評価が下がらないようにするため報告が億劫になってしまいがちなのです。

 そうではなく、「ありのままの自分」を見てもらおうという気持ちで報告をしに行くようにすれば、怖いという感情もなくなっていくのではないでしょうか。

微妙なニュアンスの言葉を使わない

 上司に報告を行う際に「得意先の要望で応える方向でご検討していただけませんか・・・」「提案した資料案でいいと思うのですが・・・」といったような言葉を使うのはやめましょう。こういった言葉を使って報告を行うと、上司はあなたの行っている内容を理解しづらくなってしまうので、後でお互いの認識が異なっていることに気づき怒られてしまうということに繋がるのです。

 ですので、「提案した資料案でいいと思うのですが・・・」といった微妙なニュアンスの言葉を使わないようにすることを心がけておくだけでも報告の質を変化させることができ、次第に怖いというイメージを払拭していけると思います。


 以上、上司に仕事の報告をするのが怖いと感じている人への対処法を紹介してきました。誰でも怒られるのは怖いことですが、少しの工夫で怒られる回数を減らしていくことが出来るので、上司への報告が怖いと感じている人はここで紹介したポイントを意識してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する