1. お客様のニーズを掴む!トークが上手い営業マンに共通する特徴とは

お客様のニーズを掴む!トークが上手い営業マンに共通する特徴とは

 あなたの周りのデキる営業マンの中には「トークが上手い」と思うような人も多くいるでしょう。ではトークが上手い営業マンにはどのような特徴があるのでしょうか。

そもそも嫌われる営業マンの特徴とは

 営業マンの嫌われるトーク上位として「話が一方的」「人の話を聞かない」「内容が淡白」「声のボリュームが大きい」「メリハリがない」。こんなことが挙げられると思います。全てNG行為です。そしてこれらを一言でまとめるとしたら「ガツガツ」しているということが共通されています。会社の目、上司の目、成績と考えるなら、ようやく会えた人に思いの丈を訴えてしまう傾向にあるものです。自分では意識していないのにどうしても伝えたい、聞いて欲しい。ということから声のボリュームも自然と大きくなっています。これでは相手はとても不快な時間を送ることになります。不快なので二度と会いたくない、聞きたくないという連鎖反応が起きます。

特徴①冷静に聞き手から入ること

 トーク上手な営業マンは、まず会う人に対して冷静にトーク内容を決めているものです。また、自然体で有りガツガツと前にいきません。まずは相手が警戒心なく心を開いてくれるような態度をとります。聞き手から入り、トーンも一定しているが「ここぞ」という内容に対してメリハリがあるということも特徴です。内容がスムーズに入ることで顧客の理解度も増すため、伝わり方も格段に違ってきます。

特徴②売りっぱなしにしないトーク

 トークの上手い人の話というのは売りっぱなしにしません。相手から聞いたことをもとに、聞き手と同じ立場に立って相手の不安をきちんと解消しようとします。アフターフォロー、将来性と「あなたが勧めた後はどうなるのか?」という売りっ放しにしないトークが上手い営業マンです。「買ったら後は知りません」という態度は、出来る営業マンのトークの中にまずないと言っても過言ではありません。

 いかがでしょうか。トークの上手さとは相手のことを考える気持ちから生まれます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する