1. 営業マンがメールの最後に入れる署名を作成する時に知っておきたいポイント

営業マンがメールの最後に入れる署名を作成する時に知っておきたいポイント

 多くの営業マンは取引先の人とメールのやり取りをしていると思います。本文に書く内容も大切ですが、意外と重要なのがメールの最後に入る署名です。今回は書名を作る時のポイントをご紹介します。

名前・社名・電話番号は当たり前

 署名には名前、社名、電話番号が入るのが当たり前です。特に電話番号は、メールを見てすぐに電話で確認したいと思った時にないとわざわざ名刺を探さなければいけません。相手のそのような手間を少しでもなくすようにしてあげることが大切です。その他、会社の住所、自分の所属する部署名、FAX番号やメールアドレスも載せておくようにしましょう。外回りなどで外出することが多い場合は携帯電話番号もあると便利です。

装飾はしすぎない

 記号や掛け線を多用する人もいますが、あまり装飾に手をかけすぎると逆に見にくくなってしまいます。署名はなるべくシンプルさを追求し、記号などはより見やすくする時だけ使うようにしましょう。また、英数字は全角よりも半角の方がスッキリと見えます。

署名のメディア化

 最近では署名を小さなメディアのように活用している人もいます。自分のブログやホームページのURLを貼付けるのです。これにより相手の興味をひくこともできます。

 署名もメールの中では重要な要素です。上手に活用することをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する