1. 名刺に手書きで文字を入れるときのマナー

名刺に手書きで文字を入れるときのマナー



原則的に手書きで文字を入れてはいけない

 名刺に手書きで文字を入れるということは、基本的にしてはいけないマナーの1つであります。基本的に自分が名刺交換する場合には、名刺に手書きでメッセージを残すということはしないようにしましょう。

名刺に手書きでメッセージを残してもいい場面

 名刺に手書きのメッセージを残して良い場面としては、名刺交換を自分でする場合でなく不在で名刺を置いていくような場合です。このような場合は、名刺としての役割よりも、名刺を「来ました」というメッセージとして残しておく場合が多いため、手描きで裏にメッセージを残してもいいでしょう。また、海外の方と名刺を交換する際は、手書きでメッセージが書かれている場合も多く、こちらもメッセージを手書きで書いてもいいでしょう。



 ここでは名刺に手書きでメッセージを残すときのマナーを紹介しました。原則として手書きのメッセージはいけませんが、海外や、不在の場合は許される場合もあるようです。マナーを守って名刺を取り扱いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する