1. 【営業マンには絶対必要】ネクタイをつけることで得られる効果とは?

【営業マンには絶対必要】ネクタイをつけることで得られる効果とは?

 スーツといえば必ずネクタイというほど、ネクタイは重要な役目を果たします。しかし、ネクタイを締める必要はどこにあるのか疑問に思ったことはありませんか?なぜ人はスーツと一緒にネクタイを締めるのかそのことについてお話ししようと思います。

ネクタイが及ぼす効果について

 例えば、スーツ姿でネクタイをしている人としていない人が隣に並んでいた場合、どちらの人の方が仕事ができる人のように見えるでしょうか。大抵の人は、ネクタイをきちんとしている人の方が仕事ができるように見えると言うでしょう。なぜならば、ネクタイを付けていない人はきちんとしていないというイメージがどうしても出てしまうからです。

 大抵の人は、スーツとネクタイをセットで考えます。そのため、ネクタイをしていない人はだらしなく見えてしまいます。あるいは、ネクタイを付けない意味合いが分からないため、仕事に対してやる気がないからネクタイをしていないんだと思われてしまったりすることもあるでしょう。

 勿論外見だけで仕事が出来る、出来ないを決めつけるというのは単なる偏見に過ぎません。しかし、内面だけではなく、外見的にも良い印象を持ってもらった方が、会社の為であり接する相手の為でもあります。また、ネクタイをしめるということは相手に誠意を示す意味でもあるため、真面目さや、真剣さを感じさせる効果もあります。

 なお、ネクタイの前身はクラバットであるとされます。クラバットは、首のまわりに巻く、スカーフのようなもので、おしゃれの為のアイテムであったとされます。したがって、ネクタイには男性のおしゃれ意識も含まれるのだと考えられます。

営業マンにとってネクタイが必要な理由

 営業職においては、ネクタイが通常よりも重要になってきます。それは、先に言ったように、ネクタイが真心を表わすものであるからです。営業職とは、どうしてもお客様に直接接することで利益に結び付ける商売になります。そのため、お客様がうなずいてくれるように、服装でも誠実さや熱意を一層表現する必要があるのです。この事から営業マンにとってはネクタイが必須とされるでしょう。

 また、クリエイターな職業での営業である場合には、ネクタイで個性を出すことによりおしゃれさやセンスを演出することもでき、それ自体がビジネスになります。このためネクタイは営業の面でも非常に重要になります。ネクタイを結ぶ際にはきちんと結び、曲がらないように真っ直ぐと結びましょう。

 ネクタイを煩わしいと感じている営業マンもいると思いますが、ぜひネクタイをつけることによる効果を意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する