1. 電話営業をする時に相手にきちんと聞いてもらうための内容

電話営業をする時に相手にきちんと聞いてもらうための内容

 電話営業の最大の利点は移動しないということと、大体結果が掴めるということです。訪問営業マンと連携するやり方もありますが、どの時間帯に電話をするのかを考え、相手の気持ちになって内容を簡潔にすることが大切です。いきなりかける側の都合で相手は準備も出来ていないまま電話営業するのですから印象良く終わらせるのがコツです。

電話営業の時のマナー

 電話営業していて担当が不在の場合は会社名、自分の名前をしっかり伝えましょう。不在だからといって無言で切るのはマナー違反です。相手のナンバーディスプレイで着信記録が残っていれば、次回から拒否リストに入ってしまう可能性もあります。

 また電話をかけた時にはきちんと記録を残しておきましょう。日時、内容、何回目、対応者は分かるように整理しておく必要があります。一度かけて断られたのに、そのことを忘れてまた同じように電話してしまえば相手を深いしてしまいます。

3分で説明できる内容にする

 内容は一点にして簡潔にしましょう。3分で電話を切ることを目安に話す内容を決めるといいと思います。ダラダラと話をするのは相手も本題を忘れ、無駄な時間だけが経過し通信費だけが高くなります。会ってもなく、素性も分からない人間には簡単に心を開いてくれません。予めまとめておいた資料で自分が一番話し易い事柄を徹底的に暗記して資料に目を通さなくても言える一点集中型にすべきです。

 伝えたいことはたくさんあると思いますが、一度の電話で詰め込まず段階を踏むようにすることが大切です。一度興味を持ってもらえれば次に電話する時のハードルは下がるでしょう。

 電話営業ではいかに相手の興味をひいてきちんと話を聞いてもらうかが大切です。そのためにはできるだけ簡潔に内容をまとめ、相手の理解を促す努力が求められます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する