1. ビジネスメールを書く際に気を付けたい適切な行数の長さのマナー

ビジネスメールを書く際に気を付けたい適切な行数の長さのマナー


メールの適切な行数

 メールの適切な行数ですが、10行から20行程度が調度良いでしょう。短い行数ですと、相手に心がこもっていないと思われてしまいますし、長すぎるとよむ気がなくなってしまいます。

最近のメールは20行でも長い?

 最近のビジネスメールですと、20行でも長過ぎるという声を聞くことがあります。これは、パソコンからではなく、スマートフォンに転送してメールのやり取りをしている方が増えているからではないでしょうか。スマートフォンでメールのやり取りをしているとわかった場合は、行数を少なくすると良いかもしれません。

短すぎるメール・長すぎるメールの対処法

短すぎる場合

 行数があまりにも少ない場合ですが、この場合は「確認の返事だけで失礼致します」という文章をつけるなどの工夫をし、短文でも失礼のない挨拶をすると良いでしょう。

行数が多い場合

 行数が多い場合ですが、その場合は、改行を入れ、見やすさに工夫をしたり、先に見逃してほしくない部分だけをまとめておくといいでしょう。また、短い時と同様に、「長文で失礼致します」という文章があるとより良いです。



 ここでは、メールの行数のマナーを紹介しました。メールの行数は少なすぎても、多すぎてもマナーにそぐわない場合があります。適度な行数でビジネスメールのやり取りをするか、対処をしっかりと行うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する