1. 部下が年上の場合の言葉遣いはどうすればいいの?

部下が年上の場合の言葉遣いはどうすればいいの?


 昔のように、一度就職したらその企業で定年を迎える、というのが一般的な時代から、転職が盛んに行われる時代となった今、“年上部下”つまり、部下が年上で、その年上の部下に年下の上司である自分が仕事を教える、という場面が多くみられるようになりました。そんなときに困るのが、「仕事上では自分は上司であるが、年齢においては年上の部下に対してどんな言葉遣いをしたらいいのか?」という点です。ここでは、部下が年上の場合の言葉遣いはどうすればいいの?という疑問にお答えしていきたいと思います。

そもそも部下に対する言葉遣い、どうしていますか?

 「仕事上では部下だけど、年齢においては年上の彼に対してどんな言葉遣いをしたらいいの?」と悩む人は、年下の部下に対して普段はどのような言葉遣いをしていますか?もしそれがタメ口であったり、友達に接するような言葉の使い方をしているのならそれはよろしくありません。職場、という中では、年下であっても丁寧語で接しましょう。職場によっては、上司と部下が話しているのをお客様から見られる職場もありますし、そうでなくとも、お互い認め合い仕事をしていく職場での言葉遣いには気を付けなければなりません。

部下が年上の場合の言葉遣い

 基本的には、部下が年上でも年下でも丁寧語で話しましょう。また、転職をしてきて部下となった人というのは、自分たちが持ち合わせていない知識などを持っていることも多く、会社にとって大きなプラスとなる場合もあります。そのように、職場ではお互い認め合って働くことが一番大切です。また、年上の部下が年下の上司にタメ口で話す、ということも論外です。

 もし自分が年上部下の上司となり、年上の部下がそのような言葉遣いで話してくることがあったら、お互い丁寧語で話しましょうとしっかりと話をすることが大切です。あなたとその部下だけの問題ではなく、会社で一緒に働く皆の問題となるので、良いチームワーク・職場の雰囲気で仕事ができるように、言葉遣いには皆で注意していくことが大切です。

おわりに

 職場での言葉遣いはとても大切です。お互いが認め合い仕事ができるように、上司・同僚・部下、どのような関係においても丁寧語・敬語で話をしましょう。タメ口や友達同士のような言葉遣いで話したり、上司が部下に乱暴な言葉遣いをしたりするのはよくないことです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する