1. ビジネスメールの本文で句読点を付ける時に気を付けたいマナー

ビジネスメールの本文で句読点を付ける時に気を付けたいマナー


ほどよい句読点のメールを作る

 句読点を付けずにメールの本文を打ってしまうケースがありますが、読む方はとても読みにくい文章になってしまいます。句読点を付けることを意識して文章を書くようにしましょう。

 また、句読点が多すぎるメールですが、これはこれで読みにくくなってしまいます。この場合は句読点を減らすことを考えた方がいいです。

読点を文章の最後に付ける

 読点を文章の最後につけないと、文章がどこで途切れたのかがわかりません。文章がここで終わったということを読む人に伝えるためにも必ず読点を付けるようにしましょう。

ほどよい句読点の付け方

 句読点を普段つけ慣れていない人が簡単に句読点を付ける場所を判別する方法をしては、文章を一度声に出して呼んでみるという方法があります。一度声に出して読むことで、息継ぎをしなければならないタイミングがわかり、その場所で句点をつければよいことになるのです。また読点は文章の区切りの部分に付けるようにしましょう。



 ここでは、メールの本文での句読点の付け方のマナーを紹介しました。句読点の問題は、基本的にメールの本文を一度音読することで改善できると思いますので、お試し下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する