1. 営業先への訪問回数を増やすために管理すべきこととは

営業先への訪問回数を増やすために管理すべきこととは

 営業マンが成果を出すためには行動量を増やすことが一番の近道です。行動量を増やす時に、訪問する件数を増やすことと1つの会社に対する訪問回数を増やす2つがあげられると思います。そのうち訪問回数を増やすための管理方法をご紹介します。

優先順位をつける

 どの営業先に多く回数行くのかを決めるためには、優先順位をつけることが欠かせません。そのためには、どの営業先が今どのような状況なのかをきちんと管理することが必要です。次に行ったらクロージングできるのか、まだ商品説明が必要な段階なのか、顧客はどこまで納得しているのか。そのようなことを営業先ごとに整理しておくことで、どこに重点的に訪問すべきかを判断することができます。

見込みがないと思ったら諦める

 時間は有限であるため、訪問回数を増やそうと思ったらその分訪問件数は減らす必要があります。そのため、営業先の状況とともに、どれだけ見込みがあるのかもきちんと管理するようにしましょう。見込みがないと思ったらその営業先は潔く諦めることも大切です。

最後に

 生産性のある訪問回数を増やすことは、必ず結果に結びつきます。何度も足を運んで信頼関係を作るのが得意だという営業マンの場合は、訪問回数を増やすことの方が効率的なのです。ぜひ上手に管理して一回でも訪問回数を増やせるように頑張ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する