1. 会社訪問時に持っていく手土産の選び方のマナー

会社訪問時に持っていく手土産の選び方のマナー

手土産の金額と包装

 手土産の金額ですが、2000円から3000円程度のものを選ぶとよいでしょう。また謝罪の訪問などの場合では、それよりも2000円程度高いものを選ぶといいでしょう。

 包装に関しましては、そのまま渡すのではなく、紙袋や包装紙で包んで、のしが付いていると、マナーとしては良いお土産となります。のしには「御挨拶」と書くのが一般的です。

手土産の選び方

 手土産の選び方ですが、まず、置物などは置く場所に困りますのでやめましょう。食べ物などの消えものを選ぶと、相手も困らず活用してくれるのでいいのではないでしょうか。また、訪問先の近くで買うと、間に合わせだと思われがちですのでやめましょう。遠方から訪問する場合は、その地域の特産品を手土産にするのがいいでしょう。



 ここでは、会社訪問時の手土産のマナーを紹介しました。手土産は金額を適性なものとし、相手がもらって困らないようなものを選ぶのがマナーです。相手に喜んでもらえるような手土産を持っていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する