1. 【ビジネスマナー】立ち方で気を付けたい手を置く場所

【ビジネスマナー】立ち方で気を付けたい手を置く場所


立っているときに避けたい手の使い方

 腕組みをするのはマナー違反となります。手持ち無沙汰であっても腕は組まないようにしましょう。また、腕組みの姿勢は拒絶しているというポーズと取られることもあるため、やめましょう。また、手を後ろに回すのもいけません。このようなポーズでの立ち方は不格好ですし、マナー違反ですのでやめましょう。

マナーに沿った正しい手の置き場所

 マナーにそった正しい手の置き場所としては、まず、両手を体の横に置くというのが正解です。また、横においておくと不安であるという方や長く体勢を保てないという方は、手を自分の体の前で重ねるとよいでしょう。この場合ですが、右手を上にする重ね方が正しいマナーだそうです。



 ここでは、ビジネスシーンでの美しい立ち方の中から、手を置く場所のマナーを紹介しました。手を後ろや前で組むのはいけません。正しい姿勢や立ち方でビジネスシーンのマナーを守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する