1. 確実に読んでもらいたいビジネスメールで標題を付けるときのマナー

確実に読んでもらいたいビジネスメールで標題を付けるときのマナー


標題の文字数を長くしすぎない

 標題の文字数が長いとそれだけでメールを読もうという気がなくなってしまいますし、途切れてしまって大事な用件が伝わらない可能性があります。標題を付けるときは、一番長くても20文字程度に収めるように心がけると、相手がタイトルからメールを呼んでくれる可能性も高まるでしょう。

用件が多く入っている場合は、タイトルで確認させる

 用件が多く入ってしまっているメールですが、そのまま流し読みされてしまうと、用件の漏れや読み忘れが生じてしまいます。そこで、用件が多い時のタイトルには、「〇〇のご確認7件」というように用件が何個あるか書くといいでしょう。



 ここでは、確実に呼んで欲しい場合のメールの標題のマナーを紹介しました。タイトルで注目させて、確実に呼んでもらえるビジネスメールを作成するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する