1. ビジネスシーンで使える、相手を納得させるためのお断りメールのマナー

ビジネスシーンで使える、相手を納得させるためのお断りメールのマナー

 誘いやオファーなどを断るメールを出すことは、ビジネスではよくあることなのではないでしょうか。ここでは、ビジネスシーンにおけるお断りメールの書き方に関するマナーを紹介したいと思います

理由をしっかりと述べる

 理由を「人出が足りないから」「時間がないから」という理由にしてしまっては、断るメールとして説得力がないでしょう。「〇〇のオファーを受けると、人員が足らず、そちら側にも迷惑をかけてしまうので…」というように相手が損をするポイントに置き換えて断ることで、無礼な態度のメールになることを避けることができるのではないでしょうか。

断る時も言葉遣いを丁寧に

 「無理です」はもちろんダメですが、「お断りします」というのも相手にするとぶしつけな言葉遣いに感じてしまう場合があります。「残念ですが、今回の件はお断り申し上げます」というように、丁寧な言葉遣いで断るようにしましょう。



 ここでは、ビジネスシーンでのお断りメールのマナーについて紹介しました。断る時でも、言葉遣いを丁寧にして、断る理由を明確にすることが必要となります。ここで紹介したことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する