1. 複数案件がある時の営業メールの送り方

複数案件がある時の営業メールの送り方

 営業マンが使う業務のツールとして欠かせないのがメールだと思います。市議とをしている上で、同時に複数案件を送付しなければならないということもあるでしょう。その時の送り方をご紹介します。

1メール1案件

 1つのメールに対して1つの案件が基本です。一度にいくつもの案件を送られても、受け取る側は対処が困難になってしまいます。内容が近いような場合でも、その旨をメールに記載し、分けてメールするようにしましょう。

タイトルで明確に分ける

 メールを送る時にはタイトルに用件を明記することが求められますが、特に複数案件を同時に送る時には、どのメールがどの案件なのか明確に分かるようにしましょう。また、タイトルと本文内容が混ざってしまわないように最新の虫害必要です。

メールの重要度を明確に

 同時に複数案件をメールする時には、その中でもどれが一番優先度、重要度が高いのかを明示するようにします。相手が多忙な場合、優先順位が分かればすぐにその案件に取りかかることができます。

メール送信後は確認の電話を

 メールはあくまで副次的なツールに過ぎません。きちんと相手に届いているのか、また説明が必要な時にはそれも含めて電話で確認することが大切です。今ではほとんど起こりませんが、まれにきちんと送信されていないということも起こりえます。

 いかがでしょうか。小さなことかもしれませんが、それによって業務の効率化を図ることができるため、ぜひ意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する