1. 留守電に残すメッセージを上手く伝えるためのビジネスマナー

留守電に残すメッセージを上手く伝えるためのビジネスマナー


会社名と名前を名乗る

 会社名と名前をまず最初に名乗りましょう。最近では、電話番号を記録してくれるものも有りますが、相手に調べる手間をかけてしまいますので、必ず名乗りましょう。

長すぎるメッセージはやめる

 メッセージが長すぎると、留守電に入りきらない場合があります。電話のように、メッセージを長々と全て入れようとするのではなく「〇〇の件でご連絡致しました」というように手短に済ませ、次の電話で用件を解決するようにすると良いです。

最後に自分の連絡先を吹き込んでおく

 最後に自分の電話番号を吹き込んでおくと、相手も連絡手段がわかるため、便利だと感じるのではないでしょうか。留守番電話の最後には自分の連絡先を告げるようにしましょう。



 ここではビジネスシーンの留守電のメッセージのマナーを紹介しました。留守電のメッセージでは、自分の所在をはっきりと示し、手短に用件を伝える必要があります。ここで紹介したことを参考にして、伝わる留守電のメッセージを入れるようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する