1. 「飲み会に行きたくない…」と思った時に使いたい3つの欠席理由

「飲み会に行きたくない…」と思った時に使いたい3つの欠席理由


 さまざまな飲み会に誘われる事がありますが、状況によっては行きたくない時もあります。メンバーが良くなかったり、疲れなど色々と理由がありますが、そのまま直接的な理由を言ってしまう事はできません。誘ってくれた相手との関係もありますので、怪しまれないような上手い理由を考えて欠席する必要があります。ここでは行きたくない飲み会を欠席する時の上手い言い訳、理由を書いていきます。

親戚が突然来る事にする

 遠方から突然親戚が来る場合というのは誰でもあると思います。それを上手く使う事に飲み会を欠席する理由にする事ができます。親戚が来るというのは親戚が病気である必要もないですし、その後に影響する理由もないので上手く使う事ができます。この親戚は広く使う事が出来るので、特定の人ではなく大多数の人を対象にする事が出来るので、一つが間違っていても問題ないのです。

 この時に親戚や家族が病気になってしまうと、突然家族と誘ってくれた人が会った時に話しが合わなくなってしまいます。親戚が来たであれば、自分だけ会ったというように話しがその時点で合わなかったとしても都合良くごまかす事が出来るのです。病気などの場合には心配をさせてしまう原因にもなってしまうので、それが嘘であったと分かった時は憤りすら感じる事もあるのでするべきではないのです。

記念日にする

 結婚や付き合っている人が居る時には、その飲み会の日を記念日にするのも良いです。誕生日であると嘘に嘘を重ねなくてはならなくなり、本当の誕生日を言いにくくなったりします。でも記念日であれば怪しまれない理由にする事ができます。特に男性の場合には記念日を忘れやすいという事で、次に会った時にも上手く騙す事ができますので有効に利用する事ができます。

 記念日で言ったら付き合った記念であったり、お互いの誕生日の中間日というようにいくらでも理由を作る事ができます。他にも二人が出会った人などこれであれば、飲み会よりも優先させてくれますし、欠席の理由にも十分使う事が可能です。でも気を付けるべき点としては記念日を設定した時には、次に同じ手を使いにくい事にあります。頻繁に記念日があって飲み会の欠席理由にすると、薄々相手も感じてしまい怪しまれてしまうので、年に2回くらいを目処にすると良いです。

同窓会がある事にする

 昔の仲間が集まる機会というのは社会人になってくると少なくなってきます。中には地方や場合によっては海外へと仕事で頑張っている人もいますので、そういった旨を伝える事で飲み会の欠席理由にする事ができます。たまにしか会えないというのを強調する事で、それ以上は突っ込まれる事もありませんし、怪しまれる事も少ないです。

 その後の事は友人の近況などを話せばいいだけですので、理由で困る事もありませんし、突っ込まれて詰まる事もないので言い訳というのを十分可能です。同窓会は人と会う中でも優先順位を高める事が出来るので、怪しまれるだけでなく相手を断る理由によって欠席しても不快な思いをさせずに断る事ができます。


 飲み会を欠席をするのには、このような理由を使う事によって相手に怪しまれずに欠席する事が出来ます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する