1. 営業マンが「あなたの熱意に負けた」とお客様に言ってもらうための伝え方

営業マンが「あなたの熱意に負けた」とお客様に言ってもらうための伝え方

 営業マンがあきらめる口実の中で最も多いのが『これ以上言ったら嫌われるのではないか』『しつこいと思われるのではないか』というものです。心当たりのある方も多いのではないでしょうか。けれども営業マンはそんな心配をする必要はありません。考えてみてください。お客様がもし営業マンを褒めるとしたら、なんと言って褒めるでしょうか。あなたはお口が上手ね?あなたはハンサムね?いいえ、違います。『あなたの熱意には負けた』これが1番多いのです。お客様にこう言わせるための熱意の伝え方・考え方についてお話します。

「あなたの熱意に負けた」と言わせる例

 相手に「あなたの熱意に負けた」と言わせる例として次のようなものがあります。あなたが飛び込み営業をしていて『ごめんくださーい』と言っても相手は出てきません。もう一度言うと玄関の壁の方からかすかに『はーい』という声が聞こえます。もう一度『ごめんくださーい』と言っても出てきません。『今忙しい』のみ聞こえるだけ。

 多くの営業マンはここで諦めてしまいますが、熱意を伝えるためにはここで諦めてはいけません。『少し失礼します』と上がり込んで説明を始めてしまいましょう。何を言っても相手は「忙しい、すみません、結構です」の一点張り。それでも簡単に引き下がってはいけません。やがて、相手はこちらの根気に負けて『買えばいいんでしょ、買えば!』と言ってくれるはずです。

この時のポイント

 これだけ見るとただのしつこい営業マンにしか見えないかもしれません。しかし、しつこい営業マンと熱意がある営業マンには大きな差があります。それが、売ることが自分のためなのか相手のためなのかということです。自分のために売っている場合は、顧客に嫌われてしまっても仕方がありません。

 そうではなく、相手のことを思うがためにすすめとおすなら、どれだけ時間がかかったとしてもそれは『熱意だ』と評価され、必ずお客様の心を動かすことができるでしょう。お客様のために熱意を伝える伝え方が絶対なのです。

 自分の売っている商品に絶対の自信があれば、一生懸命説明することは押し売りでもありません。「これによってあなたにハッピーになってもらいたいんだ」という熱意が伝わればきっと相手の心を動かすこともできるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する