1. 当日になって飲み会を欠席しなければいけなくなった際の対処法

当日になって飲み会を欠席しなければいけなくなった際の対処法


 飲み会に参加する予定であっても、突然の用事などで当日に欠席しなければならない事があります。その時にどのように連絡していいかというのを書いていきます。当日に飲み会をキャンセルする時というのは、飲み会どころではない事態が起こっている場合がほとんどですので、事前にどのようにすればいいか知っておく事で冷静に対処する事が可能になります。その時に使うものは電話の場合が一番良いですが、この方法を取れない事もあるのでそれについても書いていきます。

電話の場合

 当日欠席すると分かった時点で電話で連絡するのが一番確実でかつ時間があまり掛からずに出来る方法です。その時に何か起きたかを正確伝えられる事だけを言って謝罪をします。予約を取っている場合もあるので、その時にはキャンセル料についても支払いの旨を伝えておくと相手も安心する事ができます。

 支払いに関しては冷静に話せる状況になってからでいいので、欠席と理由はしっかりと伝えておく事が重要になります。その時にキャンセル料を支払わなくてもいいと言ってくれる事もありますが、やはりその時も自分のせいでこうなってしまったので、確実に支払っておく事が当日欠席した人が出来る最大限の誠意だと思います。もしも余裕がない場合には、欠席理由と謝罪だけでいいので、迅速に行う事で事を済ませる事ができます。

メールの場合

 電話が出来ない時にはメールという手段でも出来ます。その時には当日飲み会に欠席する事に対して申し訳ない気持ちを十分に出す必要があります。そうした上で欠席理由を書いて出すことによって連絡する事ができます。しかし時間の余裕がない時には、電話同様に最低限度の謝罪の連絡はする事が必要です。欠席理由を簡潔に書いて、謝罪と理由などは後で話しますなどと書いておく事で対処する事もできます。

 メールでは気持ちって伝わりにくいので、誠意を持った文章をしっかりと考えて見直した上で送信する事も重要になります。余裕がある場合にはキャンセル料や割り勘などの話しも交えておく事で、相手に不快な思いをさせる事なく出来ます。メールは残るものでありますし、参加者にも見られてしまう恐れがあるので細心の注意を払う事が電話よりも求められますので、上手く書けない場合には簡潔にして後に落ち着いた状態になった時に詳細を書いても良いと思います。

連絡先が不明の場合

 携帯電話が普及している状況でありますが、メールアドレス交換などをしていないと連絡先が分からない事があります。特に口頭で約束したものであるとそういう事が多いのですが、この時にも理由はしっかりと伝える必要があります。この時に飲み会が行われる場所は分かっていると思います。それをネットで調べる事で電話番号が分かる事があるので、店側に伝えてもらうようにする事もできます。

 しかしネットにも情報が載っていない場合には、104などで電話番号案内サービスを使って調べてもらう事も可能ですので、あらゆる方法で伝える手段を考える必要があります。そして店側に伝言を残してもらう事で当日欠席の連絡をする事が出来るようになりますが、この場合には長々と伝える事が出来ないので、氏名と理由を伝えておいてもらう事にします。

 飲み会を当日欠席する際には、このような方法で伝える事が出来ますので、あらかじめ覚えておくとスムーズにする事ができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する