1. 職場の仲間を飲み会に誘う際の上手な誘い方

職場の仲間を飲み会に誘う際の上手な誘い方


 職場の仲間を誘いたい時ってありますが、せっかく同じ職場でも中々親睦の機会がない時って多いと思います。それは職場といっても事業が違ったり、働く場所が違ったりすると中々誘うのって難しい時があります。同じ職場でも飲み会に行く機会がない事も多いのですが、職場でよくある新年会や忘年会など大勢と飲みたい時や一部だけを誘いたい時の誘い方について書いていきます。

職場全体を誘いたい場合

 これは新年会や忘年会といったものから、ただ単に親睦を深めたいという事から誘いたい場合です。多数を呼ぶ時には上司などの日程などを確認しつつ、仕事の状況なども考慮した上で決める必要があります。その時に使うと便利なのがメールであり、日程も余裕持って送ってあげる事によって予定を上手く調整してくれる人も出てきます。

 そしてメールを送る際の文面ですが、日時や場所、費用などを書いておき、出欠の有無の期限なども書いておくと良いです。大勢の時には場所を予約しておいたりする必要があるので、直前に欠席されてしまう時にキャンセル料などが掛かる時にもそれを書いておく事も重要になります。支払い部分に関しては同僚であってもうやむやにする事は出来ないので、分かる部分はしっかりと書いておく事が後にトラブルが起きない為にも大事な事です。

 大体平日の仕事の後に行う事が多いのですが、状況によっては仕事が入っていけない例も多々あるので、キャンセル料などは書く事を忘れないようにします。そして場所に関しては数千円に設定した方が、若い人でも気軽に参加出来るようになりますし、上司の人がおごってくれる場合にも都合が良くなるので良いです。

一部だけを誘いたい場合

 同期だけであったり、職場の仲の良い人だけを誘いたいケースというのがあります。この時にはあまりメールような後にも残るようなツールを使う事は良くないと思います。飲み会に誘われないというのは、状況にもよりますが、良く思わない人もいるので誘い方には細心の注意は払う必要があります。

 やはり同じ職場であっても、一部の人しか誘わずにいる時には証拠が残るようなものは出来るだけ避ける必要があります。その為に口頭などで誘う事によって、誘っていなかった人には誘い忘れというような形で乗り切る事ができます。そして誘わなければならない状況であれば、そこから誘ったり、追加を加えられるようにする事も可能です。どうしてもメールを使って誘い方をする時には、目的をしっかりと書いておく事によって、誘う人以外には漏れないようにする事もできます。

 この時も職場全体で誘う時のように費用やキャンセルの期限などを明記する事を忘れないにします。本当に小規模の時には予約をせずに、直接行くという方法も出来ますが、忘年会シーズンなど混んでいる事が予想されている時にはしっかりと予約してから行く事が望まれます。このように職場で飲み会の誘い方には注意を払う必要があり、自分よりも参加者の用事などを考慮して決める事が重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する