1. 印象を悪くしない!飲み会に上司を誘う際の良い誘い方

印象を悪くしない!飲み会に上司を誘う際の良い誘い方


 会社全体で飲み会を開催する以外でも飲み会を開かれていると思います。例えば同期での飲み会でしたり歳の近い方々が集まって飲みにいったりと様々です。そんな中、日ごろの感謝を込めて上司を飲み会に誘ってみてはどうだろうかと考える時が必ず出てきます。いざ上司を飲み会に誘ってみようと思っても仕事が忙しいからと断られてしまったり、そもそも誘い方が分からないと言ったことが発生してしまいます。上司を上手に誘う誘い方と言うのはあるのでしょうか。

時期を考慮して上司を誘ってみる

 皆様の会社でもこの時期は忙しい、もしくはこの時期は特に忙しくないと言ったシーズンがあるかと思います。例えばですが忙しい時期に飲みに行きましょうと言われても上司からしてみればよくそんな暇があるなと思われたり、飲み会に行く暇があるならその時間を仕事にあてるぐらいしろと言われてしまう恐れがございます。そのため時期を考慮して誘わなければなかなか上司も飲み会へ足を運んではくれません。上司のために飲み会を開催したいと思いましたら、必ずその時期は社員全体を含めて忙しくないか、もしくは上司も会議や上層部の集まりがないかをよく確認して誘うようにしましょう。

 誘い方1つで上司も皆様が開催しようとしている飲み会に参加していただけますので、まずは時期を考慮して上司を誘ってみましょう。ただし、時期を考慮しても飲み会に行かない上司は必ずいらっしゃいますのでその場合は無理強いはしないようにしましょう。

事前連絡を必ず上司へ連絡する

 皆様も仕事を行う際には、お客様先にまずは連絡した後に訪問して営業活動をするかと思います。それは上司を飲み会に誘う時にも同じです。皆様ももし上司と同じ立場であれば仕事が山のように立て込んでいるにも拘らず、いきなり今日飲み会を開催しますと言われたらどう思いますか。多くの方々がそんな所に行っている暇はないと激怒されるかと思います。そのため例えば1週間前や2週間前に、このような飲み会を開催する予定ですと言う事をまずは口頭で伝えてみましょう。その時に上司が参加しないと言えばそこで終わりですし、詳細な情報が欲しいと言われれば概要を軽く説明した後にメールでどのような会場か、そしてどこにあるのかを送信しましょう。

 事前連絡をしておけば上司もこの日であれば問題ない、もしくはこの日は仕事があるからできないけどこの日であれば参加できると言ったように指定していただけます。そのため必ず上司へ事前連絡をするようにしましょう。


 最後に、なぜ上司を誘うためにここまで面倒な事をしなければならないのかと思われる方々がいらっしゃると思います。確かに多くの面倒事がありますが、それほど上司は多忙であり、中には休日まで使用して仕事に取り組んでいる方々もいらっしゃいます。そのため面倒だなと思わず、礼儀として仕事の時期を考慮したり上司へ事前連絡を取って確認するようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する