1. 相手に不快な思いをさせない!誘われた飲み会が前日になった時の断り方

相手に不快な思いをさせない!誘われた飲み会が前日になった時の断り方


 みなさんの会社では定期的な飲み会でしたり、週末に飲み会を部署で行うと言った急に入る飲み会まで様々なケースがあると思います。皆様が役職つきでしたら断りやすいですが、役職が付いていない方々にとっては断りたくても断れないのが現実だと思います。無理して断ると次の日には嫌なムードになっていたり、後からなぜ参加しないのか等、一昔前のことを平然と言ってきます。それではどのようにすれば相手に不快を与えずに飲み会前日に断ることができるのでしょうか。

飲み会の前日に友人や恋人を利用した断り方

 皆様の中には上記のように友人や恋人を使用したことがあるかと思いますが、たいていはそんなの嘘だろう、もしくは友人や恋人より会社の飲み会だろうと言われて結局飲み会に連れて行かれてしまうことが多いと感じます。しかし方法さえ間違えなければ友人や恋人を上手く使うことができます。友人の場合、ただ単に友人が来たのでと言うのではなく、例えば高校時代、中学時代等数十年間も会っていないような友人を引きずり出すと良いでしょう。そしてもしこの機会を逃してしまうと、また何年間もお会いできませんので申し訳ございませんがと言って飲み会を断ると問題ないでしょう。

 また、彼女が貴方にいなければ今日この人とお会いできるので今日アタックしてきますと言ってどなたでも良い写真を見せて、飲み会の日でなければならない理由を話せばたいていの方は応援をして貴方を行かせてくれるでしょう。もちろん次の日や次の週にはわざと落ち込んで失敗しましたと言ってあたかもふられたかのように見せれば尚良いでしょう。

ストレートに断る方法

 これは新人の方や成績を残していない方にはできない断り方ですが、ある程度成績を残している方であれば問題ないでしょう。会社の定期的な飲み会、例えば忘年会や新年会では参加するしかないですが、急に開催が決定した飲み会にはストレートに断って何も問題ないでしょう。そこで何かしら言われることもあると思いますが、そこでこれからこのような集まりがあるでしたり、ジムに通うので失礼します等を言って有無を言わせず立ち去るのも良いでしょう。上司の誘い以外の飲み会、同期や歳が近い飲み会には何も生産性を生むものはございませんので、何かしら自身のためになることをするのが得策でしょう。

 それでも良いから参加しろと言われれば、嫌味の一つも言ってやると相手は飲み会に誘わなくなります。嫌味の例として、よく飲みに行く時間があるなでしたり、飲みに行く暇があれば何かやることがあるのではと言ってやると貴方以上に成績を残していない方であれば何も言い返せません。そのためこの方法はある程度成績を残している方にお勧めの方法になっています。


 最後に、相手に不快な思いをさせないのであれば何らかの理由を話して前日の飲み会を断るようにしましょう。そしてもし、皆様がある程度の成績を残しているのであればこう言う集まりがあるから参加できないとストレートに断ってもなんら問題はございません。そのため、皆様にあった方法で断るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する