1. 気配りが大切!女性が参加している会社の飲み会で気をつけておくべきこと

気配りが大切!女性が参加している会社の飲み会で気をつけておくべきこと


 飲み会に参加をしていると女性がいる事も多いと思います。よく上司に対する気配り方法などは良く出ていますが、女性に対しても気配りする必要があります。この女性に少しの気配りを覚えておく事によって、周囲が感じる好感度も違ってきますし、これが上手く出来る事で出来る男というアピールにもなっていきます。ここでは女性に対しての気配り方法に関して書いていきたいとおもいます。

席順にも気を付ける

 お店に入店した時点でも気配りが出来るポイントは多くあります。女性にとって気持ちよく飲んでもらえる場所というのがいくつかあります。まずは女性は寒さや暑さが得意じゃない事もありますので、冷暖房の位置を確認しつつ快適な場所を選んで座らせてあげると良いです。

 服装に関してもスカートなどを履いている場合には座る場所によって気を遣う所もあるので、女性が履いているものを確認すると座る座席が限定されていきます。そしてお酒が入ってくると理性を失ってしまい、普段言わないような下ネタやスキンシップが多くなる人もいます。そういうターゲットになりそうな女性を上手く離してあげたりする事で、未然に防ぐ事が可能です。しかし途中で気づいた場合には、自分の席と交換してあげるなどする事で、気持ち良く飲む事が出来るようになります。この席順一つとっても気配り出来るので、周りを見渡しつつ行っていると状況を把握する事ができます。

ペースを考えてあげる

 飲み会になるとどうしても飲むスピードが早い人に合わされていきます。その為に飲むスピードや食べるスピードが遅い女性は付いていくのが大変で、会話で楽しむ暇がなくなってしまう事があります。そこで自らの飲む速度を遅くする事によって、全体の飲み物を頼む速度を遅くする事が出来るのでじっくりと楽しむ事が出来る飲み会にする事ができます。

 更に次に飲むものを頼む時も女性は迷って決める事が遅い事もありますが、その時にも自らの頼むのを決めるのも遅くしたり、状況によっては女性が決めてから決めるというような事をする事によって、女性が遅い事を他の人に悟らせないような気配りをする事も良いです。このように女性が遅いと感じた時も同じようなペースに合わせてあげる事で、上手く気配りをする事が可能になります。

会計でも気配り

 飲み会において女性は男性に比べたら食べる量にしても、飲む量にしても少ない事が多いです。その為に会計の際には等分ではなく、若干でも女性の支払いを少なくしてあげる事が大事です。やはり少ない量しか飲食してないのに支払いは同じでは、次回も行こうという気を無くしてしまいます。会計に余裕がある時には、女性だけを無料にしてあげる事をしてあげる事も気分よく帰ってもらう為には重要な事です。

 飲んで帰る時間ともなると結構遅くなっており、終電などが気になる場合もありますので、会計も迅速に行う事が大事です。男性であれば終電を逃しても適当にぶらぶらする事ができますが、女性の場合にはそういうわけにはいかないので、会計も素早く行って帰るようにすると良いです。そして電車で帰る際には一緒に駅の方向へ一緒に行ける人などを分けて、安全な場所まで女性を送るようにして無事飲み会が終了する事ができます。


 このように飲み会での女性への気配りは席に座る段階から会計まで色々あるので、実践してみると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する