1. 会社で開催される飲み会を欠席する場合のメールの文例

会社で開催される飲み会を欠席する場合のメールの文例


 会社の定期的な飲み会でしたり、週の始めになって急に金曜日に飲み会を開催すると言って開催される飲み会があると思います。会社の定期的な飲み会は仕方がなく参加しますが、できれば避けたいのが急に入った飲み会です。新人であれば親睦を深める絶好の機会ですが、数年もいると別段どうでもよくなってきます。しかし断ると言ってもメールでの文例が浮かんでこないですし、欠席すると後から何か言われるのではないかと考え込んでしまいます。ではどのようなメールの文例であれば問題ないのでしょうか。

資格などの学校との予定が被っている場合

 皆様の中には日頃の体調管理のためにジムに行ったり、何らかの資格を獲得しようと思い資格の学校に通われている方々がいらっしゃると思います。もし通っているのであればそれを欠席にする理由として使用しましょう。文例として、最初に誘っていただいたことに対して必ずお礼をします。そして次に通えない理由を記述致します。その際に通っている所でいただいたパンフレット等があればそれをメールに添付しましょう。メールの文章だけでは、こいつは来たくないんだなと思われてしまいますが、画像を添付することでこの人は本当に通っているんだなと言う印象を与えます。またお金を払って通っていることも更にアピールすると、あちらもそれ以上は誘わなくなるでしょう。

 では通われて無い方はどうするかと申し上げますと、今後通うであろう所からパンフレットを持ってきてそれをメールと一緒に画像で送りましょう。するとあちらもこれから通うんだなと思いますので効果は上記よりは効果が薄いですが失礼のない断り方になります。

理由を特に説明せず欠席する場合

 欠席する理由が無いと思って嘆いている方々がいらっしゃると思いますが、もし欠席する理由が無ければ別段書く必要はございません。なぜかと申し上げますと断っても問題ない仕組みを作成するだけで説明せずとも飲み会を断れるからです。例えば貴方が営業所でトップ、営業所全体を見てもトップ10に入っているのであれば貴方が断っても誰も文句は言いません。また、技術者や機械関連の方であれば何らかの賞を受賞していたり取得するのも難しい資格を所有していれば問題ないでしょう。しかし、この方法の最大の欠点が成績を収めていない限り使用することができない所です。そのため成績が無い場合は使用できないので気を付けましょう。

 また、上記のような方でなくとも直接メールで言っても良い場合もございます。上司がお酒を強要し無い方や先輩社員がそこまで強引でない方です。その場合であれば参加できませんと文例を特にこだわることなく欠席しても問題ないでしょう。


 最後になりますが、社会人にとって飲み会は避けては通れない道です。そのためメールでもし欠席する場合は何らかの理由を付け加える、もしくは上記のように成績を残している方であればそれを利用して断りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する