1. 飲み会を盛り上げるために新人が覚えておきたい会話のネタ

飲み会を盛り上げるために新人が覚えておきたい会話のネタ


 新人が参加する飲み会では、必ずと言って良いほど新人が話題の中心になってきます。私の会社でも私の部下として新人が入社して来ると、先輩社員の格好の餌食と言って良いほどいじられたり学生の内に何をしてきたのかを聞かれます。先輩社員は面白がりますが、新人は執拗に聞かれてたまったものでは無いと感じますがある程度の言葉を覚えておけば後はスムーズに話せるようになります。それでは、飲み会で新人が覚えておきたい会話のネタとは何なのでしょうか。

自身の趣味と大学生の時に行っていたこと

 新人が飲み会の時に必ず聞かれるのが趣味の話と大学生の時に何をやっていたのかと言う事です。ここで大切なのはできれば体育会系の趣味や大学生の時に行ってきたことでも体育会系が非常に望ましいです。例えば趣味が読書と言ったらそうなんだと言ってそこで終わってしまいますし、ましてマイナーな趣味ですと誰もが興味を示さなくなります。

 そのためかじった程度のスポーツでも良いので紹介するようにしましょう。私の場合は趣味でテニスを遊び程度やっていましたので、それを話題にしていきましたらその中にテニスをやっている先輩社員がいましたので、その方と休日にはテニスを時折行う仲になりました。現在でも時折テニスを遊び程度ですが行っています。ですので、例えスポーツを行っていなくともこれからこんなスポーツを始めてみようと思っていると言っても好印象でしょう。もしかしたら私の時のように教えていただけるパターンもございますので、話題として体育会計をお勧め致します。

ゴルフを話題として持ち出してみる

 一番好感触として出せる会話として、ゴルフの話題がございます。なぜゴルフかと申し上げますと現在でもゴルフをやられている方が多いことです。特に営業職であればお付き合いで時折やらなければならない機会がございますので尚更人口は多いです。そのため例えゴルフを行っていなくとも、テレビを見て自分もやってみようと思っているんですけどなかなか踏み出せないと言うように会話を進めてみましょう。そこで誰かしら引っかかればこちらのものです。

 後はその方とゴルフについて何でも聞いてみるのです。人は自分の得意なことや趣味を褒められたり質問されると非常に喜びます。そのため引っかかりましたらどんどん質問してみたり、凄いですねと言っていきましょう。するとその方も悪い気持ちはしませんのでどんどんあちらから話してくれます。そのためこちらは労さず頷いていればそれだけで会話は成立します。中にはそのままゴルフに行くかと言っていただける方もいますので試しに言ってみましょう。


 最後になりますが、飲み会であれば必ず新人が会話の中心となります。そのためそこの出方次第で今後の職場の雰囲気も変わってきます。そのため面倒だと思わず、相手が話してくるであろう話題を事前に考えておきこの時はこの話等決めて置くようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する