1. 【ビジネスメイク】黒髪に似合う垢抜けメイクのポイント

【ビジネスメイク】黒髪に似合う垢抜けメイクのポイント


 勤め先の規定で、髪色が黒髪、またはダークカラーのビジネスウーマンは多いですよね。しかし、黒髪はそれだけで印象が重くなったり、表情がきつく見えてしまう場合があります。雑誌のメイク特集などでは、黒髪には真っ赤な口紅が似合う、と特集されたりしていますが、ビジネスメイクとなると、雑誌のように黒髪に黒いアイラインをしっかり引いてキャッツアイにし、真っ赤な口紅をオン、というわけにはいきませんよね。でも普通のメイクよりももっと軽い印象や垢抜けた印象にしたい、と思うビジネスウーマンの皆さんに、今回は黒髪に似合う垢抜けビジネスメイクのポイントをご紹介していきたいと思います。

眉メイク・マスカラはブラウンを使う

 眉はブラウンの眉マスカラなどで明るめにします。黒髪にブラウンの眉って変じゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、眉を少し明るくすると顔の印象もパッと明るくなります。自然な仕上がりにするには眉マスカラがおすすめです。アイメイクはブラウンのマスカラを使うとナチュラルな仕上がりになります。黒髪に黒のマスカラだと印象がきつくなってしまいがちです。ブラウンマスカラでナチュラルに仕上げましょう。ブラウンの明度は、髪色より少し明るめ、がおすすめです。

チークはピンクが○オレンジは×

 チークを使用する場合はピンクをほんのりとのせると印象が良くなります。オレンジは黒髪と合わせるとくすんでしまいがちで難しいので、チークはピンク系をほんのりと、がおすすめです。

口紅は肌馴染みの良い色を

 口紅はその人により似合う色がありますので、いろいろと試しながら自分に似合う色を探していきましょう。ビジネスメイクで黒髪の場合はピンク~ベージュの間の、肌馴染みの良い色の中から探すのがおすすめです。

アイシャドウは薄めに

 アイシャドウを濃くしてしまうとナチュラル感が消えてしまいます。黒髪はそれだけでインパクトが強いので、目元は薄めに、ナチュラル感を大切にしましょう。色は使っても2色までに抑え、透明感を演出しましょう。

おわりに

 規定で髪色が定められている職場はたくさんあります。そのため、自分ではもう少し髪色を明るくしたいけれど規定で黒髪・ダークカラーにしなければならない、という人は多いと思います。例えば、新入社員や転職した人が入社後、会社の規定で髪色を暗くした場合、入社前の明るい髪だった時のメイクと同じメイクをしてしまうと、派手になってしまったり髪色に似合わず苦労する場合があります。しかし、黒髪だからと眉もマスカラも全て黒くしてしまうと、重たい印象やきつい印象になってしまいます。黒髪メイクで悩んでいるビジネスウーマンの方は、上記の『黒髪に似合う垢抜けメイクのポイント』をぜひ試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する